Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

任意整理 最終章その2

そして、その男の人(司法書士さん)が話し始めました。

司 「今回の債務整理の結果、
   129万7,339円、お渡しすることになります」

私達の計算では、100万くらいは返ってくるかな、と思っていたので、
この額は、予想通りといえば予想通りの結果でした。
しかし、129万円という言葉を聞くと、
もちろん、嬉しいのですが、
その反面、その額の大きさに、なんだかピンときませんでした。

司法書士さんの話は続きます。

司 「129万7,339円、現金で用意できております。
   それで、かなりの額をお渡しすることになります。
   しかし、ここ半年ほどの家計の状況から、
   ぎりぎり黒字だったり、赤字になっている月もあるようです。
   奥様の借金も少し増えているようですね」

ふむふむ、残念ながらその通り。

司 「そういう状況を踏まえまして、2つの選択肢があります。
   1つは、奥様の方の任意整理していない分の借金が
   ありますので、
   お返しする129万円を、奥様の任意整理していない分の
   借金返済にあてる、という方法です」

そうそう、そうしようと思ってたのよ。

司 「もう1つは、奥様が自己破産するという方法です。
   その場合、この129万は、全額貯金することができます」

自、自己破産~

今まで、自己破産は考えたことがなかったので、
さすがに、その言葉にショックを覚えました。

しかし、すぐに、自己破産という選択肢があるのかぁ、と思い直し、
私は、どっちでもいいなぁ、という気持ちになりました。
自己破産しても、129万はまるまる手元に残るのか~、と。

すぐに結論を出さなくてもよい、2人で話し合って、
後日決断しても良い、とのことでした。

どうしよう、、、とちらりとだんなの方を見ました。

すると、

「今までの予定通りの方法で構いません。
 自己破産はしません」

と、きっぱり。

司 「そうですか、ではそのように致しましょう」

と穏やかに席を立たれました。

女性の事務員さんも席を離れ、少しの間、だんなと話す時間がありました。
「自己破産は、リスクが大きすぎる」と、だんな。

そこで私は思いました。
(私達に返ってくるお金が大きかったので、
司法書士さんは、形式的に、自己破産の選択肢もあるということを話したのではないか?)と。

大金を前にして、舞い上がってしまったり、
はたまた、良からぬ考えが浮かんでしまって、
良からぬ方向にお金を使ってしまう人もいるのかもしれないな、
と思いました。

このときの、だんなの決断は早かった、、、。
ちょっと、かっこよかったぞ
もともと、だんなは頭の回転が早い人なんですねぇ。
たまには、だんなを褒めときます。

ここからが本題、、、。
つづきます、、、。

 ブログランキングに参加しています↓↓
  

スポンサーサイト

任意整理、最終章その1

3月23日、司法書士さんの事務所へ行ってきました。
今回の面談で、私達の任意整理も一段落しました。
この日のことについて、何回かに分けて書いてみようと思います。

今回も、私とだんな、娘の3人で事務所へ行きました。
いつもは女性の司法書士さん1人で対応してくれるのですが、
今回は司法書士さんともう1人、
びしっとスーツを着た物静かな感じのおじさんがいました。

女性「今回はかなりの額を現金でお渡しすることになるのですが、
    その前に司法書士より説明があります」

私 (んっ、司法書士が説明?お姉さんじゃないの?このおじさんが話すの?)

ちょっと戸惑いましたが、話を聞きました。

後で分かったことなのですが、
私が今まで司法書士さんだと思っていた女性は事務員の方でした。
初回の面談はだんな1人だったので、
私は知らなかったのです(だんなも何も言ってくれない、というか、だんなも知らなかったっぽい)。
以前だんながもらっていた名刺を家に帰って見てみると、
「事務局 主任」
という肩書きでございました。
でも、任意整理や法律のことに関してはとても詳しいようで、
今までもとても分かりやすく説明してくれていました。
事務所で働きながら、勉強をして、
司法書士を目指している方なのかもしれませんね。

さて、いよいよ本題に入ります、、、。
つづきます、、、。

 ブログランキングに参加しています↓↓
  



借金ゼロ?

すっかりサボり癖がついてしまいました。
反省しております

任意整理の方も一段落しております。
今日は、任意整理の詳細についてまとめます。

          整理前残債

1 武富士    98万7,920円  →引直し後、
                     過払い金額 89万3,542円
                    ・・・和解 89万3,000円入金済み

2 アイフル   49万7,786円  →引直し後、
                     過払金額 117万3,068円 
                     ・・・訴訟後、和解
                       135万円入金予定(来月) 

3 アコム    39万6,080円  →引直し後、
                     過払金額 19万4,940円 
                  ・・・和解確定 19万4,000円入金済み

4 三菱UFJニコス 
          29万9,221円  →引直し後、
                     残債 13万1,927円
                     ・・・支払い済み 

5 オリコ    93万2,102円   →引直し後、
                     過払い金額 12万8,567円(推定)
                   ・・・和解確定 13万円入金済み

6 ネットカード 55万0,000円   →引直し後、
                     過払い金額 50万2,917円
                 ・・・経営状態悪く、過払い金全額は
                       返ってこない見込み
                     H21年,9月 10万504円入金予定

7 オリックス・クレジット 
               0円  →引直し後、
                    過払金額 16万6,278円 
                  ・・・和解確定 16万6,278円入金済み

8 プラム         0円   →引直し後、
                     過払金額 157,573円 
                   ・・・訴訟後、12万円入金済み

アイフルとの訴訟も和解し来月入金予定となり、
おおよその見通しがたちました。

過払い金で返ってくる額は総額295万3,801円となりました。
いやぁ~、ほんとびっくりです
それぞれの会社との取引が大体10年ぐらい(アイフルは20年ぐらい)なので、こんな額になるんですねぇ。
もうちょっと早く手を打っとけば良かったものを、、、。
だんな、しっかりしろぉ~。

司法書士さんの事務所への報酬金等の支払いがあったり、返ってきたお金から残債にあてたりしていたので、私達の元に返ってくるお金は100万円程かな、といったところです。
任意整理をしていない借金もまだまだあるので、その100万も借金返済にあてます。
それでも、まだまだ借金は残るぅ~。

借金ゼロ生活は、まだまだ遠い、、、

 ブログランキングに参加しています↓↓
 応援よろしくお願いします。
   


   


ネットカードについて

今日はネットカードについて。

ここは、残債55万円でしたが、
任意整理後、過払い金が50万2,917円発生しました。

以下、司法書士さんの説明。
しかし、経営状態が悪いらしく、
過払い金全額は返って来ないだろう、とのこと。
返って来たとしても、10万円程で、しかも6ヵ月後ぐらい。
6ヵ月後には、会社は無くなってるかもしれないし、
10万円すら返って来ない可能性もある(2万か3万かもしれないし、それ以下かもしれない)。
訴訟を起こす方法もあるが、
訴訟でこちらの言い分が正しいとされても、
会社側が払う見込みは無く、結果的には同じこと。

との説明を受けました。

訴訟を起こしても結果は同じ、ということなので、
ネットカード側が提示する額で応じることにしました。
まだ、はっきりしたことは分かりませんが、
ここは、小額でも戻ってきたらラッキー、
ぐらいの構えでいきたいと思います。

  ブログランキングに参加しています☆
   

アイフルについて

今日はアイフルについて。

アイフルとは、平成元年頃から、取引が始まったらしく、
任意整理を依頼した時点で49万7,786円の残債がありました。
引き直し計算後、過払い金が117万3,068円発生しました。

以下、司法書士さんの話です(うまく説明できないかもしれません)。

これまでのアイフルだったら、過払い金の支払いは比較的スムーズだったとのこと。
しかし、昨年の12月頃より、アイフルの方針が変わり、
過払い金の計算方法を、今までとは違った方法で行い(この辺、うまく説明できません、すいません)、
過払い金をものすごく低額にして開示してくる。
実際、司法書士さんの事務所へ、その計算方法の説明と、計算した紙(かなりの枚数)を送ってきた(私達も見せてもらったが、かなりややこしい)。
で、アイフル曰く、その計算方法の結果の過払い金を支払うか、納得できない場合は訴訟で争いましょう、とのこと。
司法書士さん側も、そのような方針になってから、対応したことが無い(前例が無い)、とのこと。
司法書士さんは、
 アイフル側は、「難しいことを提示して(難しいように見せかけて)、
 相手が面食らって、過払い金を少ない額で承諾してくれたら
 ラッキー」ぐらいにしか思ってないのではないか、
 訴訟になったとしても、裁判所もその計算方法を
 認めないのではないか、
と言ってました。
私達も司法書士さんの意見に賛成し、訴訟を起こすことに決めました。

アイフルの過払い金117万は、私達が依頼している中でも、一番大きい額なので、是非とも頑張って頂きたいところです。

お金貸す方も、あの手この手でいろいろ考えるんですねぇ。
もっと違うことに、頭使えばいいのに。

 ブログランキングに参加しています。
 ぽちっと一押しでかまいません。
  


Extra

プロフィール

あかさわ

Author:あかさわ
我が家の借金、約500万!
平成20年10月に任意整理を依頼、完済めざして奮闘中。
1児の母です(1歳、おなご)。

最新記事

FC2ブログランキングに参加しています

↓ぽちっと一押しお願いします↓

FC2Blog Ranking

ご訪問者

ようこそ
ありがとうございます☆

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。